GMOコインからBinance(バイナンス)への送金方法 【BTC・EYH・XRP対応】

こんな人にオススメの記事です!
  • GMOコインからバイナンスへBTC、ETH、XRPなどを送金したい
  • GMOコインからバイナンスへの送金手数料を知りたい
  • GMOコインからバイナンスへ送金時のネットワーク設定が分からない…

「国内仮想通貨取引所で買った仮想通貨を送って、Binance(バイナンス)でしか買えない仮想通貨を購入したい…」

このような悩みを持っている人が多いのではないでしょうか。バイナンスは現状日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があるんですよね。

結論、損をしたくなれけば国内仮想通貨取引所はGMOコインがオススメです。なぜならGMOコイン送金手数料無料だからです。

本記事を書いているコヤ(@koyablogs)は、コインチェッの送金手数料で相当な損をしました…コインチェッは1回1回の送金で手数料がかかるので、非常にもったいないです。

一方でGMOコインなら送金手数料がタダです。使わない理由がないですよね…?

≫【最短10分】GMOコインの無料口座開設をする

そこで本記事では、GMOコインからバイナンスへの送金方法を解説します。たっぷりの画像付きで解説するので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

本記事の内容
  • GMOコインからバイナンスへの送金方法
  • バイナンスのウォレットアドレスの確認方法(BTC、ETH、XRP)
  • GMOコインからバイナンス送金時のよくある質問
目次

GMOコインは送金手数料無料

なんとGMOコインは送金手数料が無料です!つまり購入した仮想通貨を一切ロスなく、バイナンスに送ることができます。

しかもGMOコインが取り扱っている仮想通貨であれば、どれでも送金手数料がタダです。

≫【最短10分】GMOコインの無料口座開設をする

引用:GMOコイン
コヤ

BTC、ETH、XRPなど取扱通貨は全て送金手数料がかかりません!
ちなみに送金も早いです!

GMOコインは別のウォレットや仮想通貨取引所へ送りたいなら、必須の仮想通貨取引所です。

送金手数料のロスを減らすために、GMOコインは開設しておきましょう。最短10分で口座開設できます。

≫【最短10分】GMOコインの無料口座開設をする

コインチェックは毎回手数料がかかる

一方コインチェックは、どの仮想通貨であっても送金手数料がかかります。

たとえばETHの場合は、0.005ETHかかるんですよね……これは本当にもったいないです……

引用:コインチェック

使いやすさでは優れているコインチェックですが、どこか他へ送金したい場合はGMOコインを利用するようにしましょう。

≫【最短10分】GMOコインの無料口座開設をする

GMOコインからバイナンスへ送金する方法

それではGMOコインからバイナンスへの送金方法を解説していきます。今回はETHを送金する場合を例に、紹介していきます。

バイナンスの口座開設が完了していない場合は、先にやっておきましょう。

バイナンスは、600以上の仮想通貨を取り扱う世界最大の仮想通貨取引所です。

「バイナンスって使っていいの?」と疑問を持つ人もいますが、口座開設&使用に違法性はありません。

今話題のSTEPN等「〇〇 to earn」をやりたいならバイナンスの口座開設をオススメします。

下記リンクから登録すれば、バイナンスの取引手数料が永久に10%オフです。ぜひご利用ください。

≫【取引手数料が10%オフ】バイナンスの無料口座開設を行う

ステップ①:バイナンスのアドレスを確認

最初にバイナンス上のアドレスを確認します。

BTC、ETH、XRPなど仮想通貨ごとにアドレスが違うので、注意してください!

Binance(バイナンス)のフィアットと現物

「フィアットと現物」を選択します。

≫バイナンスのページへ

Binance(バイナンス)の入力選択

GMOコインから送金したい仮想通貨のアクションで「入金」をクリックします。

ここからはそれぞれの確認方法が異なるので、それぞれで解説をします。

ETHの場合は、下記のようにネットワークを「ETH」にしましょう。

Binance(バイナンス)のネットワーク選択、アドレスのコピー

通貨、ネットワークに間違いがないか確認しましょう。問題なければ、アドレスをコピーします。

ステップ②:GMOコイン内でバイナンスのアドレスを登録する

続いてGMOコイン内で、コピーした送金アドレスを登録します。

≫GMOコイン公式サイトへ

入出金の「暗号資産」をクリックします。

送金したい銘柄を選択します。今回はETHを選択します。BTCの場合はBTCを選択、XRPの場合はXRPを選択しましょう。

「送付」を選択し、「新しい宛先を追加する」をクリックします。

今回はバイナンスへの送金なので、「GMOコイン以外」を選択します。

今回はバイナンスへの送金なので、「取引所・サービス」を選択します。

受取人は自分なので、「ご本人さま」を選択します。

自分が会員登録した情報が出てくるので、間違いがないか確認しましょう。問題なければ、「宛先情報の登録画面へ」を選択します。

次の作業はBTC、ETHとXRPで操作が異なるので、それぞれ参照してください。

宛先名称(分かりやすい名称)、バイナンスの送付先アドレス、送付先の名称を入力していきます。

上記の画面はイーサリアムなので、バイナンスのイーサリアムアドレスを貼り付けました。ビットコインの場合は、ビットコインのアドレスを貼り付けてくださいね。

チェック欄を確認したら、「登録する」をクリックしましょう。

確認メールが登録メールアドレスに届きます。認証次第、宛先が登録されます。

ステップ③:バイナンスへ送金する

GMOコインにバイナンスのアドレスを登録したら、あとは送金するだけです。

先ほどと同じ順序で、入出金の「暗号資産」を選択します。

銘柄選択で送金したい仮想通貨を選択します。今回はETHを送金します。

宛先リストに先ほど登録したアドレスが表示されるので、それを選択します。

自分の送りたい送付数量を入力します。ETHの場合は、0.1ETH以上だと自由に数量を調整できます。

一方でそれ以下だと、全額送金になるので注意しましょう。

SMS認証をして、チェック欄を確認したら、「確認画面へ」をクリックします。

もう一度確認画面が出てくるので、問題なければ「実行」をクリックしましょう。

送金後は取引履歴からステータスを確認すると、送金が完了できたか分かります。「受付」の状態では、まだ完了していません。

このステータスが「完了」になっていたら、送金完了です。

GMOコインからバイナンス送金のよくある質問

GMOコインから送った通貨がバイナンスに中々届きません。どうすれば良いですか?

仮想通貨の送金は、すぐには完了しません。特にBTCは時間がかかる傾向にあります。まずは1時間程度ゆっくり待つことをオススメします。

GMOコインからバイナンスに送金するとき、手数料はかかりますか?

手数料はかかりません。GMOコインの送金手数料は完全無料です。

GMOコインから送金するときに、最小送金額の表示があります。これ以下の額は送れないんですか?

最小金額以下でも送金可能です。ただしその際は、手持ちの額を全て送金する必要があります。

まとめ

今回はGMOコインからバイナンスへの送金方法を解説しました。

バイナンスは仮想通貨を使った新しいサービスを利用したい場合、頻繁に使うことになる取引所になります。

≫【取引手数料が10%オフ】バイナンスの無料口座開設を行う

現状バイナンスで仮想通貨を買うためには、国内仮想通貨取引所から送金した通貨を使用する必要があります。送金手数料は有料の取引所(コインチェックなど)も多いです。

その点、GMOコインはどの通貨でも送金手数料が無料なのでオススメです。どこかへ送金したい場合は、バイナンスに限らずGMOコインを利用するようにしましょう。

≫【最短10分】GMOコインの無料口座開設をする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次