【今なら無料】失敗しない!ASTR(Astar)の買い方

・ASTR(Astar)の買い方を知りたい
・ASTR(Astar)ってなに?

このような疑問を解決します。

本記事の内容

この記事の権威性

>>>コヤのTwitterはこちら

「ASTR(Astar)って何がすごいの?」「ASTR(Astar)の買い方を知りたい」

このような疑問を持っている方が多いのではないでしょうか。

ASTRとは、ブロックチェーンAstar networkで発行された仮想通貨のことを言います。

本記事では、Astar networkの特徴、誰でもできるASTRの買い方を徹底解説しています。

最近ASTRを知った方、仮想通貨を知った方でも理解できる内容にしたので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

Astar Network(ASTR)とは

Astar Networkは、ビットコインやイーサリアムのようなブロックチェーンの一つです。

2022年1月にローンチされ、今や様々な投資家が注目しているブロックチェーンになります。

コヤ

あの本田圭佑さんも出資しているんです!

ASTRはAstar Networkで使用する基本通貨になります。

Astar Network(ASTR)の特徴

そんなAstar Networkですが、なぜ皆が注目しているのでしょうか。気になる特徴を4つ紹介します。

やや難しい話になりますので、ASTRの買い方を知りたい方は、こちらから飛んでください!

特徴①:日本人開発のブロックチェーンである

Astar Networkは、日本人の渡辺創太さん(@Sota_Web3)が代表として開発したブロックチェーンになっています。

渡辺さんは日本人ではまだ珍しい、Web3に本気で取り組んでいる内の一人です。

GAFAMの次の時代を創るという熱い想いを持っている渡辺さんに、政治家をはじめ、多くの人が注目しています。

特徴②:Polkadotのパラチェーンである

Astar Networkは、Polkadot(ポルカドット)のパラチェーンの一つになっています。

Polkadotはブロックチェーンの一つで、規格の違うブロックチェーン同士を繋ぐために開発されたチェーンになります。

コヤ

簡単にいえば、イーサリアム規格のNFTをビットコインで買えるようにする感じです。

Polkadotは、メインのリレーチェーンとそれと繋がるパラチェーンで出来ています。

パラチェーンの枠は限定100個と決められていますが、なんとAstar Networkはそのうちの1個を勝ち取り、パラチェーンになっています。

特徴③:dAppsハブになる

Astar Networkの凄い所は、dAppsハブとして様々なdAppsを繋いでいる所です。つまりAstar Networkを中継して、色々なdAppsが動くことが可能になります。

dAppsとは分散型アプリケーションで、ブロックチェーン上のスマートコントラクトによって動くアプリです。DeFi、GamefiといったプロジェクトはdAppsになります。

dAppsの例
  • PancakeSwap
  • STEPN
  • Axie Infinity

実はPolkadotには、スマートコントラクトが実装されていません。そのためdAppsをPolkadot上には、直接作れないようになっているんですよね。

この問題を補うのがAstar Networkになります。Astarを通じて様々なdAppsを動かすことができ、結果的にPolkadotに繋がる様々なプロジェクトと連携できます。

特徴④:Astar上で作られたアプリにステーキング(投資)できる

AstarではdApps Staking(ダップス・ステーキング)と言って、Astar上でできた様々なアプリに投資できます。

投資の際には、Astarの通貨であるASTRを使用します。

現在は、以下の画像のようなアプリへ投資が可能になります。

Astar Networkより

ASTR(Astar)の買い方

それではAstar Networkの通貨となるASTRの買い方を解説します。

Astarは現状日本の仮想通貨取引所に対応していないので、海外の仮想通貨取引所を利用することになります。

やり方自体は難しくなく、以下の簡単3ステップで完了しますよ!`

  1. 国内仮想通貨取引所で仮想通貨を買う
  2. Binanceへ送金する
  3. BinanceでASTRへ両替する

順番に説明しますね。

ステップ①:国内仮想通貨取引所で仮想通貨を買う

まずは国内仮想通貨取引所で仮想通貨を購入します。

国内仮想通貨取引所は色々ありますが、いまだとGMOコインがオススメですね〜。理由は仮想通貨の送金手数料が無料だからです。

Astarを買うには、国内取引所で購入した仮想通貨をBinance(バイナンス)へ送金しないといけません。他の仮想通貨取引所では送金手数料が有料だったりするのですが、GMOコインはなんと手数料がタダです。

送金手数料で損したくない人は、GMOコインを利用するようにしましょう。

>>>【最短10分】GMOコインの無料口座開設を行う

それと送金手数料は有料ですが、今だとコインチェックもオススメです。なぜなら口座開設&入金で2500円分のビットコインがタダもらえるからです。

ASTR購入の軍資金にしたい人は、コインチェックで開設するのも良いでしょう。僕はどちらのGMOコインコインチェック両方開設しました。

>>>【最短5分】コインチェックで無料口座開設をする *キャンペーンは予告なく終了する可能性があります

ステップ②:Binanceに送金する

コインチェックで仮想通貨を購入したら、続いて海外取引所のBinanceに送金をします。

バイナンスは、750以上の仮想通貨を取り扱う世界最大の仮想通貨取引所です。

「バイナンスって使っていいの?」と疑問を持つ人もいますが、口座開設&使用に違法性はありません。

今話題のSTEPN等「〇〇 to earn」をやりたいならバイナンスの口座開設をオススメします。

下記リンクから登録して、14日以内に50ドル分(約5000円)の仮想通貨を入金すれば、100USDT(約1万円)がもらえます!

>>>【100USDTもらえる】バイナンスの無料口座開設を行う

ステップ③:BinanceでASTRへ両替する

BInanceへ送金したら、最後にASTRへ両替をしましょう。両替はBinanceのコンバート機能からできます。

BInanceのコンバートから、両替したい通貨を選んで実行してください。

まとめ

今回は仮想通貨ASTR(Astar)の特徴、買い方を紹介しました。

Astarは国内外の有名な投資家、投資会社が注目しているほか、様々なプロジェクトとも連携しているので、今後も目が離せません。

また「Listen to earn」と言われるPENTAもAstar Networkでローンチすることを発表しています!

https://twitter.com/penta_web3/status/1521326034766893056

日本人発のブロックチェーンを応援するといった意味でもASTRを買う価値はありそうです。

*もちろん投資は自己責任でお願いします

今後も様々なプロジェクトがAstarを通じてローンチされるようなので、こまめにチェックしていきましょう!

コヤ

ちなみに購入したASTRは直接メタマスクへ送金できません!
注意してください!

今なら入金しただけでビットコインがもらえます

【6月末まで】
なんとコインチェック開設&入金でビットコインがタダでもらえます!
滅多にない機会なので、ぜひこの機会を逃さないようにしてください。

コヤ

なんと最短10分で開設できますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次