【無料】独自トークン 作り方 | NFTコミュニティで使える!

この記事はこういう人にオススメ!
  • NFTコミュニティで独自トークンを作りたい
  • NFTコミュニティでガバナンストークンを使いたい
  • 仮想通貨の作り方が知りたい

NFTコミュニティなどの投票で、独自トークン(ガバナンストークン)を使いたいと思っている人はいませんか?

独自トークンを自分で作るのって難しそう、無料でできるのかよく分からないですよね。

結論独自トークンは、「無料」でかつ「5分程度」で作れてしまいます。独自トークンの発行には、「COINVISE」というサービスを使用しますよ。

コヤ

NFTコミュニティを運営している僕は、この方法でトークンを発行しました!

この記事で分かること
  • 独自トークンの発行方法
  • 独自トークンをMetaMaskに表示させる方法
目次

独自トークンの作り方【COINVISE】

早速、COINVISEを使用した独自トークンの発行方法を解説します。

①COINVISE公式サイトへアクセス

まずはCOINVISEのサイトへアクセスしましょう。

>>>COINVISE公式サイトへ行く

「CREATE TOKEN」をクリックして、MetaMaskと連携しましょう。

②独自トークンを発行する

それではいよいよ、独自トークンを発行します。

「Create」をクリックします。

上から順番に、決めていきます。

  • Name:トークンの名前
  • Symbol:トークンの表示単位
  • Supply:発行数量(数量は3つの単位から選べます)
  • Treasury:送付先アドレス
  • Description:通貨の説明

ちなみに発行数量はケチらずに、最低でも100万から作成することをオススメします。

僕はケチって3万でトークン発行をして失敗しました(笑)NFTコミュニティの人数が多くなってきて、トークンがなくなってしまうんじゃないかと心配しています。

コヤ

今回は試しに、KBT(KoyaBlogsToken)を作ってみることにしました!

ウォレットが、「Polygon」になっているか必ず確認しましょう。

コヤ

イーサリアムの場合だと、高額なガス代がかかる可能性があります。

トークンのアドレスが表示されます。こちらをしっかりとコピーしましょう!

独自トークンをMetaMaskに表示する方法

あとは、MetaMaskでトークンを表示させるだけです。

MetaMaskを「Polygon」にした状態で、「トークンをインポート」をクリックします。

先ほどコピーした「トークンコントラクトアドレス」をペーストします。

すると自動的にトークンシンボルなどが表示されるので、そのまま「インポート」します。

コヤ

これでトークンの発行〜表示までは完了です!

まとめ

今回は、COINVISEを使用した独自トークンの作り方を紹介しました。

独自トークンを使えば、NFTコミュニティをより充実させることができますよ。

コヤ

下記のようなことが、できちゃいます!

  • 独自トークンを使った投票
  • 独自トークンの保有数に合わせたプレゼント企画

5分程度でできてしまうので、サクッと作ってみてはどうでしょうか。

僕の運営しているNFTコミュニティ「THE CITY」では、CITY TICKETというトークンを発行して投票で楽しんでいます!

コヤ

最後にNFTに関して、オススメの記事を紹介します!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次