【初心者OK】PLTウォレットとは?始め方を徹底解説

こんな方にオススメ
  • PLTウォレットを入れたい
  • PLTウォレットがどういうものか知りたい
  • PLTウォレットを入れるときの注意点が知りたい

「PLTウォレットをスマホに入れたいけど、やり方が分からない。一人じゃ不安。」そう思った人はいませんか?

初めて使うウォレットを自分一人で設定するのは、不安ですよね。僕もそうでした。

そのため本記事では、完全初心者でも間違いなくPLTウォレットをスマホにインストールして始められるように徹底解説をします。

僕自身の失敗経験も踏まえて解説をするので、初心者で不安な方も安心してくださいね。

コヤ

この記事を書いている僕の自己紹介です!

・NFTコミュニティ運営者(700人以上参加)
・NFTブログ運営(収益5桁達成)
Twitter:フォロワー1300人以上

注意点等もありますので、最後まできちんと読むことをオススメします!

目次

PLTウォレットとは

PLTウォレット

PLTウォレットとは、仮想通貨のお財布の一つです。MetaMaskを知っている方は、MetaMaskの仲間だと思ってください。PLTウォレットはブラウザ版がなく、スマホのアプリで作る必要があります。

PLTウォレットの特徴としては、仮想通貨である「ETH」と「PLT」を保管できる点があります。

ETHは、NFTの登場で有名な仮想通貨となりました。NFTを購入するなら、一般的にはETHを購入する必要があります。

一方でPLTは、日本の会社である株式会社HashPortが発行した仮想通貨になります。

コヤ

日本の会社だからこそ安心感がありますよね!

PLTが最近注目されている理由は、同社が手がけている「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」ゲームを開発しているからです。

コヤ

特に注目度が高いのは、CNPT(CryptoNinjaParty)ですね!

株式会社HashPortが制作したゲームで稼ぐためには、PLTやPLTウォレットが必要になります。そのためこちらの記事を読んで、PLTウォレットを準備しましょう。

PLTトークンの購入は、コインチェックOKCoinJapanで購入が可能です。

コヤ

トータルの手数料を考えると、OKCoinJapanが断然オトクです!

コインチェックの方はePLT→pPLTに両替する(ブリッジ)手数料がかかります。一方でOKCoinは、直接pPLTのトークンを購入できるので、余計な手数料がかかりません。

少しでも手数料を抑えたければ、OKCoinJapanで口座開設をしましょう。

≫OKCoinJapanで無料口座開設を行う

PLTウォレット作成の注意点

PLT ePLT pPLT

PLTウォレットを作成するときには、注意点があります。それはETHチェーンに対応したPLTウォレット(ePLT)と、PLTチェーンに対応したPLTウォレット(pPLT)を両方作るということです。

2種類のウォレットは、同じアプリで作ることができますよ!

コヤ

必ず両方作りましょう!

もう一度まとめます。

  1. ePLTウォレット…ETHチェーンに対応したウォレット。ePLTはMetaMaskとのやり取りで必要。
  2. pPLTウォレット…PLTウォレットに対応したウォレット。pPLTはゲームで遊ぶために必要。

オススメは、ePLTウォレット作成→pPLTウォレット作成という順番で作る方法です。

本記事ではその順番で、分かりやすく解説しますね!

【ETHチェーン】ePLTウォレットの作り方

ePLTウォレットの作り方

PLTウォレットは、iOS版Android版があります。本記事では、iOS版のPLTウォレット作成方法を紹介します。

≫【iOS】PLTウォレットをインストールする

≫【Android】PLTウォレットをインストールする

まずは画面左下のチェックボタンにチェックを入れます。その後、「ウォレットを作成する」を選択しましょう。

「ETH」を選択します。

ウォレット名は、「ePLT」にしましょう。パスワードも設定したら、「作成する」を選択します。

続いて、パスワードを忘れた時のアカウント復旧フレーズ(ニーモニックフレーズ)を確認します。

「確認画面へ進む」を選択します。

英単語が12個並んでいます。メモ帳にメモするなりして、保存するようにしましょう。

ニーモニックは絶対に教えてはいけません。またバレると資金を盗まれる可能性があるので、絶対に教えないようにしましょう。

しっかりとメモしたら、「バックアップしました!」を選択します。

最後にニーモニックフレーズの確認があります。下に並べられた英単語を、先ほどメモした通りに並べていきましょう。

コヤ

これでePLTのセットアップは完了です。

【PLTチェーン】pPLTウォレットの作り方

pPLTウォレットの作り方

続いてpPLTウォレットの作り方を解説します。

まずは右上のボタンを選択します。

続いて、「インポート」を選択します。

「Palette」を選択します。

先ほど入力したニーモニックフレーズを1単語ずつ、間隔を空けて入力していきます。

ウォレット名は、分かりやすく「pPLT」にしましょう。

パスワードは、ePLTの作成時に設定したものです。

コヤ

これでpPLTの設定も完了です!

PLTウォレット始め方のまとめ

本記事ではPLTウォレットの始め方について、まとめました!

最後に注意点を含めて、まとめです!

  • PLTウォレットは、PLTトークンのためのお財布である。
  • PLTウォレットはスマホアプリ専用。
  • ウォレットは、ePLT、pPLTの二つを用意する。

PLTウォレットさえ用意すれば、PLTトークンを使ったゲームを楽しむことができます。

コヤ

オススメはCryptoNinjaPartyです!

また肝心のPLTトークンは、OKCoinJapanで購入することが可能です。下記記事を参考に、まずはOKCoinJapanの口座開設をしましょう。

本ブログの人気記事「NFTの買い方」については、こちらから。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次