MetaMask(メタマスク)のChromeへのインストール/使い方

こんな人にオススメの記事です
  • MetaMask(メタマスク)がどういうものか知りたい
  • MetaMaskのGoogleChromeへのインストール方法を教えて欲しい
  • これからNFTを始める予定でMetaMaskが必要

MetaMaskとはETHやNFTを管理するインターネットのお財布のことで、一般的には「ウォレット」といいます。

MetaMaskはこれからNFTを始めたい人は必須で、MetaMaskがないとNFTを始めることができません。

しかし、解説もなしにMetaMaskをインストールするのは怖いですよね……

そこで本記事では「MetaMaskの使い方がわからない、どういうものか教えて欲しい」という方に向けて、MetaMaskの概要やGoogle Chromeを使ったインストール方法を解説します。

なお、本記事では1,400人以上が参加するNFTコミュニティ「THE CITY」を運営、80個以上のNFTを保有するコヤ(@koyablogs)が執筆しています。

目次

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMask(メタマスク) とは

MetaMask(メタマスク)は、仮想通貨イーサリアム系(ETH)のウォレットです。

ウォレットとは、仮想通貨用のお財布のこと。現実のお財布ではなく、ネット上のお財布になります。

NFTを始めるなら、MetaMaskの準備は必須となります。

ETHの保管、NFTの購入や保管で、MetaMaskが必要だからです。

MetaMaskはGoogle Chromeなどのブラウザ、iOS/Androidのスマホでインストールが可能です。

MetaMask(メタマスク)でできることは?

NFT利用において、MetaMaskを通じてよく行うことは下記のとおりです。

MetaMaskでできること
  • ETHの保管
  • NFTの保管
  • NFTの認証
  • OpenSeaと連携
NFT MetaMask 購入

最も利用機会が多いものが、MetaMaskを経由したNFT購入です。

仮想通貨取引所で用意したETHで、NFTを直接購入する方法は一般的には行いません。

一度仮想通貨取引所からMetaMaskにETHを送金後、MetaMaskを通じてOpenSeaでNFTを購入する方法が主流です

またそのほかにも、NFTコミュニティ内でNFT認証が必要なときもMetaMaskを接続することで認証作業を行います。

MetaMask(メタマスク)のChromeインストール方法 4ステップ

当サイトではGoogle Chromeでの導入方法を説明します。

導入手順は、以下の通りです。

MetaMaskのChromeインストール方法
  1. MetaMask(メタマスク)をChromeにインストールする
  2. ウォレットを作成する
  3. シークレットリカバリーフレーズを確認する
  4. 秘密鍵を確認する

順番に解説します。

1. MetaMask(メタマスク)をChromeにインストールする

MetaMaskの公式サイトにアクセスします。

MetaMask(メタマスク) インストール

右上の「Download」をクリックしましょう。

MetaMask(メタマスク) Chrome 追加

上の選択が「Chrome」になっていることを確認して、「Install MetaMask for Chrome」をクリックします。

MetaMask(メタマスク) Chrome 追加

右上の「Chromeに追加」をクリックします。

MetaMask(メタマスク) Chrome 追加

「拡張機能を追加」をクリックして、Chromeに追加します。

これでChromeにMetaMask(メタマスク)が追加されました。

ChromeですぐにMetaMaskが表示できるように次の設定をしておきましょう。

MetaMask(メタマスク) Chrome 表示

上のバーをクリックして、MetaMaskをピン留めすれば、常にMetaMaskが表示されるようにできます。

MetaMaskは頻繁に使うため、常時表示が便利です。

2. ウォレットの作成

MetaMaskをインストールしたら、MetaMask内でウォレットを作成していきます。

MetaMask(メタマスク) ウォレット インストール

最初にChromeに追加したMetaMaskをクリックして、「開始」をクリックします。

MetaMask(メタマスク) ウォレット インストール 品質向上

MetaMaskの品質向上のためデータを集めて良いか確認画面が出てきます。

こちらはどちらを選択しても問題ありません。どちらでも問題なく、ウォレット作成ができます。

MetaMask(メタマスク) ウォレット インストール

続いて右側の「ウォレットの作成」をクリックします。

MetaMask(メタマスク) ウォレット インストール

自分で決めたパスワードを入力して、使用条件に同意後、「作成」をクリックします。

3. シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)を確認する

シークレットリカバリーフレーズとは、アカウントの復旧に必要な12個の英単語です。

シークレットリカバリーフレーズが必要なとき
  • パスワードを忘れたとき
  • スマホなど別の端末でMetaMaskを使いたいとき

上記のように、MetaMaskの復旧にはシークレットリカバリーフレーズが必須となります。

忘れてしまうと、自分の資産を取り戻せなくなってしまうため、必ず忘れないようにメモをしておきましょう。

パスワードを入力すると、シークレットリカバリーフレーズが下記のように表示されます。

MetaMask(メタマスク) シークレットリカバリーフレーズ 確認

赤枠の部分をクリックして、シークレットリカバリーフレーズを確認します。

確認の際は、紙でメモを取るか、パソコンやスマホのメモ帳にメモをしましょう。

ただしパソコンやスマホの場合は、万が一ハッキングされた場合、盗まれる可能性があるため注意が必要です。

続いて、シークレットリカバリーフレーズの確認作業です。

先ほどメモをした英単語を順番に並べていきます。

並べ終えたら、「確認」をクリックして設定完了です。MetaMaskが使えるようになります。

ちなみにシークレットリカバリーフレーズは、いつでも確認できます。詳しい確認方法は下記記事をご覧ください。

4. 秘密鍵の確認

MetaMask シークレットリカバリーフレーズ 秘密鍵 関係

MetaMaskのウォレット内のアカウントを復旧する手段として、秘密鍵を入力する方法があります。

もし仮にシークレットリカバリーフレーズを忘れてしまっても、秘密鍵を覚えていれば復旧できるため、こちらもあわせてメモをしておきましょう。

シークレットリカバリーフレーズと秘密鍵の関係について詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

秘密鍵の確認方法を解説します。

MetaMask(メタマスク) 秘密鍵 確認方法

MetaMaskの「…」をクリックして、「アカウントの詳細」をクリックしましょう。

MetaMask(メタマスク) 秘密鍵 確認方法

「秘密鍵のエクスポート」をクリックしましょう。

MetaMask(メタマスク) 秘密鍵 確認方法

赤字で表示されている文字の羅列が秘密鍵です。

こちらをメモしておきましょう。

MetaMask(メタマスク)の使い方は?

MetaMaskの主な使い方は3つあります。

MetaMaskの使い方
  • MetaMaskへ送金する
  • MetaMaskから送金する
  • MetaMaskを使ってNFTを買う

順番に解説をします。

MetaMask(メタマスク)へ送金する

NFTを買うためには、仮想通貨取引所で購入したETHをMetaMaskへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使用したMetaMaskへの送金方法を解説します。

コインチェックの口座開設は、下記から無料口座開設ができます。初心者でも使いやすい点が魅力です。

\たった5分/

コインチェックを使ったMetaMaskへの送金方法
  1. MetaMaskのウォレットアドレスを確認する
  2. コインチェックでMetaMaskのウォレットアドレスを登録する
  3. コインチェックからMetaMaskへ送金する
MetaMask 着金

まずはMetaMaskを開き、ウォレットアドレスをコピーします。

コピー後、コインチェックのログイン後の画面に移動します。

MetaMask 着金

まずはMetaMaskのアドレスの登録です。

左の選択欄から「暗号資産の送金」を選択して、宛先から「宛先を追加/編集」をクリックしましょう。

MetaMask 着金

仮想通貨の種類を「ETH」にして、「新規追加」をクリックします。

MetaMask 着金

ラベル、宛先、SMS認証コードを入力して、「追加」をクリックします。

各欄に入力するものは、下記を参考にしてください。

ラベルMetaMask(自分など)
宛先メタマスクのウォレットアドレス
SMS認証用コード自分の番号に送られてきたコード

つづいて、コインチェックからMetaMaskへ送金します。

左の選択欄から「暗号資産の送金」を選択して、必要事項を入力していきましょう。

記入については下記を参考にしてください。

送金する通貨Ethereum
宛先先ほど登録したメタマスクの宛先
送金先サービス名その他
MetaMask
受取人種別本人への送金
送金目的その他
具体的な送金目的NFTの購入
送金額送りたい額を入力

全てを入力したら、「次へ」で送金完了です。

MetaMaskへの送金は、通常10分ほどで完了します。混み合っている場合は、30分程度かかる場合もあるため、焦らず待ちましょう。

MetaMaskから送金する

MetaMask 送金

MetaMaskから送金する際は、MetaMaskの「送金」を選択します。

MetaMask 送金

送金アドレスを入力したら、送金したいETHの額を入力して「次へ」をクリックしたら、送金完了です。

ETHを送金する際は、手数料としてガス代(少額のETH)がかかります。

MetaMaskを使ってNFTを買う

NFTを買うときは、MetaMaskをOpenSeaと連携してNFTを購入します。

OpenSeaとMetaMaskの連携方法は下記記事で詳しく解説しています。

MetaMaskのよくある質問

最後にMetaMaskについて、よくある質問をまとめてみました。

MetaMaskのシークレットリカバリーフレーズを教えてほしいと言われました。教えてもよいですか?

絶対に教えてはいけません。シークレットリカバリーフレーズを聞かれたら詐欺です。資金を全て抜き取られるので、教えないようにしましょう。

また秘密鍵も同様に教えてはいけません。

MetaMaskのアドレス(Ox…)を教えても良いですか?

ウォレットアドレスは教えても問題ありません。詐欺の心配はないので、安心してください。アドレスは資金のやり取りに必要な情報になります。

MetaMaskのパスワードを忘れてしまいました。どうすれば良いですか?

シークレットリカバリーフレーズを覚えていれば、復旧可能です。

MetaMaskログイン時に表示される「パスワードを忘れた場合」をクリックしてください。シークレットリカバリーフレーズを求められるので、入力しましょう。

MetaMask(メタマスク)をChoromeにインストールしよう!

本記事ではMetaMaskをChromeにインストールする方法を解説しました。

MetaMaskはNFTの購入で必須となります。

インストール自体は5分くらいでできるため、忘れずに行いましょう。

MetaMaskをインストールしたらやること
  • パスワードをメモする
  • シークレットリカバリーフレーズ・秘密鍵をメモする
  • 仮想通貨取引所からETHを入金する

MetaMaskへETHを入金しておけば、いつでもNFTが買える状態です。

自分の欲しいNFTが出たときにすぐに買えるように、入金も事前に行いましょう。

入金は、コインチェックがおすすめです。初心者でも使いやすく、直感的に使えるような設計になっています。

入金後はOpenSeaとMetaMaskを連携して、NFTを購入していきましょう。

OpenSeaとMetaMaskの連携方法は下記記事を参考にしてください。

またオススメのNFTコレクションは下記になります。どれも魅力的なコレクションのため、参考にしてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次