【完全初心者OK】OpenSeaの始め方・使い方を徹底解説

この記事を読んで分かること
  • OpenSeaとは何か。
  • OpenSeaの開設方法
  • OpenSeaのアカウント設定について

このような疑問を解決します。

本記事では、NFTマーケット『OpenSea』について徹底解説します。

コヤ

本記事を書いている僕の自己紹介です!

・仮想通貨ブログを運営(月5桁達成)
・NFTコミュニティを運営(700人以上参加)
Twitter:フォロワー1300人

OpenSeaとは、世界最大級のNFTマーケットプレイスです。NFT界のアマゾンという認識で問題ないでしょう。

結論、NFTを買いたいならOpenSeaのアカウント作成は必須です。 なぜなら国内も海外も含めて、有名なNFTプロジェクトは全てOpenSeaで販売されていると言っても過言ではないからです!

そこで本記事ではOpenSeaのアカウント開設方法について、画像を使って徹底解説します。

アカウント開設と言っても難しいことはなく、5分もあれば終わってしまうのでサクッとやってみてくださいね!

アカウント開設にはMetaMaskの準備が必要になります。まだMetaMaskの開設が終わっていない人は、先に下記記事を参考に開設をしましょう!

NFTを始めるなら、GMOコインがオススメです!

GMOコインは、なんと送金手数料無料!仮想通貨ETHをMetaMaskへ無料で送ることができます。
コインチェックbitFlyerの場合、送金手数料は有料です。

NFTを楽しむなら、ETHの購入とMetaMaskへの送金が必須になります。

≫【最短10分】GMOコインで無料口座開設を行う

目次

OpenSeaとは

OpenSeaの特徴は以下になります。

  • 世界最大のNFTマーケット
  • シンプルで分かりやすい設計
  • 様々なブロックチェーンに対応
  • 固定価格販売、オークション販売などに対応

OpenSeaは、世界最大級のNFTマーケットプレイスです。

コヤ

NFT界のAmazonが、OpenSeaになりますよ!

基本的に現在のNFT市場において、「NFTを買う=OpenSeaを利用する」という認識で問題ありません。

国内NFTで有名なプロジェクトであるCryptoNinjaやCNP(CryptoNinja Partners)も、OpenSeaで出品されていますよ!

そのためこれからNFTを始めたい人は、まずOpenSeaのアカウント作成が必須になります!

OpenSeaとMetaMaskの接続(アカウント開設)

OpenSeaのアカウント開設にはMetaMask(メタマスク)が必要です。

MetaMaskについて詳しく解説しています。

OpenSeaでIDやパスワード必要ではなく、メタマスクと紐づけることでセットアップ完了になります。

まずはOpenSeaの公式サイトにアクセスしましょう!詐欺サイトも多いので注意してください!(当サイトのURLは100%安全ですよ)

≫OpenSea公式サイトへ

OpenSea 開設 create

「Create」をクリックしてください。

OpenSea 開設 metamask

「MetaMask」を選択しましょう。

MetaMaskの画面に移ります。「次へ」をクリックしてください。

「接続」→「署名」でMetaMaskの操作は完了です!

コヤ

これでOpenSeaとMetaMaskの紐づけは完了です。

OpenSeaのプロフィールを設定する

OpenSeaとMetaMaskの接続が終わったら、続いてユーザーネーム、メールアドレスの登録を行います。

OpenSea プロフィール設定

OpenSea画面右上の「Settings」をクリックしましょう。

OpenSea プロジェクト設定

Usernameに好きな名前を入力して、Email Addressには自分のアドレスを入力しましょう!

コヤ

僕は、「koya_JP」にしました!

OpenSea メールアドレス認証

メールを確認し、「VERIFY MY EMAIL」をクリックしましょう!

コヤ

これでOpenSeaのプロフィールの基本的な設定は完了です!

OpenSeaのTwitter連携をしておこう!

OpenSeaのプロフィールは、Twitter連携自己紹介文だけは設定しておきましょう。

OpenSeaでは、オファーという機能があります。オファーでは出品者が人柄やSNS発信を見て、誰に譲るか決める場合も多いです。

オファーで不利にならないためにも、プロフィールは充実させましょう!

下記、プロフィールの設定方法です!

OpenSeaの右上のアイコンから、「Settings」をクリックします。

上記画像を参考に、TwitterやSNSリンクを入力しましょう。

  • Bio:自己紹介文(簡単にあなたが何者なのか)
  • Links:自分が運用しているSNSをリンク付け
  • Profile Image:SNSとアイコン統一がオススメ(同一人物だと分かるので)

OpenSeaでNFTを楽しもう!

本記事では、OpenSeaについて始め方・使い方をまとめました。

下記まとめです!

  • NFTの売買をしたいなら、OpenSeaのアカウントを開設
  • OpenSeaとMetaMaskを紐づければ設定完了
  • OpenSeaのプロフィール欄は充実させる

NFTを始めるなら、GMOコインがオススメです!

GMOコインは、なんと送金手数料無料!仮想通貨ETHをMetaMaskへ無料で送ることができます。
コインチェックbitFlyerの場合、送金手数料は有料です。

NFTを楽しむなら、ETHの購入とMetaMaskへの送金が必須になります。

≫【最短10分】GMOコインで無料口座開設を行う

NFTの始め方を1から学ぶならこの記事!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次